スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新ニュース「安東は見た!三人姉妹」素敵なヒロインたち

マーシャに扮したチェホフの妻・オリガ
<最新情報>書き下ろし
☆このところアーカイブスで過去の再録が多かった安東ですが、
これは、先日、5/15夜、見たばかりの書き下ろしのホットニュースです。
(写真は、マーシャに扮したチェホフの妻・オリガ)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


2,009年5月の東京ノーヴィレパートリーシアター
「三人姉妹」
~誰もがヒロイン、そしてアンチ・ヒロインたち~

「三人姉妹」は、「ワーニャ伯父さん」が、ワーニャその人だけが必ずしも主人公でないように、タイトル通りに三人姉妹だけがヒロインの物語ではない。

三人の姉妹に挟まれた不祥の兄弟アンドレイ、その嫁ナターシャは、その独特の存在感で、後の作「桜の園」のロパーヒンに繋がる「新世代の闖入者」として、四人目の「姉妹」として充分なヒロイン性を発揮している。が、子煩悩で人の思惑など気にしない自己中の彼女は、三人姉妹にとっては、とんでもない脅威の悪役=アンチヒロインである。しかしアンチヒロインという意味では、三人姉妹もそれぞれに、弱さ・短所・欠点を持ち、いま一つのところで観客をやきもきさせる。逆にいえばそれが、造られたステロタイプでなく、等身大の生身のリアリティを感じさせる。チェホフの面目たるところである。そしてもう一人、この家に仕える老婆アンフィーサ。もう働くのもやっとで首をきられかねない彼女も様々な場面で登場し、存在感を見せる大切なヒロインだ。「桜の園」でも「かもめ」でも、「ワーニャ」でも、同じく登場する老人達、チェホフ作品には、医者と並んで登場する老人達の存在・・・作者自身の身近にモデルがいたのか、当時もロシアには、高齢者雇用の問題が多発していたのか、あるいはチェホフが作家としての鋭い感性でこそ、それを先取りして誰よりも鋭敏に感じ取っていたのか・・・現代日本にも通じるこれら老人達の存在が、チェホフ作品に厚みを加えている。

そしてチェホフ作品では、誰もが主人公―

それを、ことに痛感できるのが、ノーヴィの舞台だ。

「三人姉妹」は、「かもめ」と並んで最もポピュラーなチェホフ作品で、年に二三度は観る。が、その大方は、劇団でも、プロデュース公演でも、看板女優が長女オーリガを、中堅の個性派が次女マーシャか、ナターシャを、そして新人若手がイリーナをという事になっていて、その為に、ひどく年の離れた、時には母子程に離れたバランスの悪い姉妹が出来上がる。年齢だけでなく、演技も、今やチェホフ作のヒロインといえば、新劇の頂点に位置する最高峰のキャリア女優でなければという通念があるようで、従ってイリーナとは、師匠と弟子ほどに格差の感じられるう程に違っていたりもする。そしてアンフィーサといえば、いかにも脇役何十年のキャリアをつんだ年季女優があてられたりする。

そんな大方の「三人姉妹」と違い,
ノーヴィの配役は、自然な均一さがあり、「誰もが主人公」そして「誰もが完璧でなく、短所も欠陥もある」等身大として観ることができた。「かもめ」も「桜の園」も名作として神格化され、ヒロインが高齢化する傾向がある一方で、こうしたノーヴィの姿勢は、一つの新鮮なルネッサンス、原作の見直しであると感じる。生身のチェホフと真正面から対面できる楽しみがある。とりわけ、「アンチヒロイン」としてのマーシャとナターシャの自己撞着ぶり、奔放さがいい。

かのチェホフの妻、オリガ・クニッペルが演じたという次女マーシャの、突然に豹変するかと思えば、ヴェルシーニンと「トランタン・・・」と交流したりするとらえどころのなさがよくあらわれていたし、ナターシャも初めはオドオドとした田舎娘が、後には女主人然として仕切り、そして少しも自分を悪いとは思っていない様が巧みに表現されていた。悪女然でなく、現実に居るような、小悪魔さがいい。

四大作中、前二作「かもめ」のニーナ、「ワーニャ」のソーニャの二人は純然たるヒロインとしての良さがあるが、その一方で、「かもめ」のマーシャ、アルカージナ、「ワーニャ」のエリーナら自己にこだわりのある、必ずしも理想的でない欠陥をもつ人物女性像が、この作で更に開花している。

ヒロインについてばかり書いたが、対する男性陣も、ヴェルシーニン、男爵、軍医はじめ、しっかりと受け止めている。
 
今シーズンは、「ハムレット」・日韓共同「水の記憶」・新生スタジオ「イワーノフ」と新作ラッシュのためもあってか、「三人姉妹」の上演は少なかった。それもあり、やや間延びしてセリフも、若干気になるところがあった。新たなイリーナを加えてのアンサンブル、更に今後に期待したい。       
 2009年5月15日
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。