スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安東流 「東京ノーヴィ」舞台鑑賞法

その1「曽根崎心中」徳様二態

毎年、冬から春・初夏(12~5月)にかけて同じ演目を複数キャストで、連続上演をくり返す「東京ノーヴィレパートリーシアター」。

3月22日の「曽根崎心中」では、キャストの違いによる面白さを痛感した。
この日の徳さまは、「かもめ」「ハムレット」「桜の園」でも、苦悩する多感なインテリ青年を演じるk氏。

それぞれの役も、本人ももちろんそれぞれ別ものであるのは確かだが、やはり重ねたり比べたりして観てしまう。
邪道かも知れないが、楽しみの一つでもある。
 「心中」というと、どうしても、この世では結ばれぬ二人が、愛ゆえに互いに手を取り合い命を絶つという、甘いセレナーデを連想する。
そして、これまで見てきた徳さま(仮に「S徳さま」としよう)は、確かにそうした、お初への慈しみ、愛情と優しさに満ちていた。
いかにも人のよさそうなS徳様は、それゆえに信じた友に裏切られ、この世でただ一人、お初だけに
救いを求める悲劇となっていた。

しかし、この日の「k徳さま」は、もちろん、お初に対する愛情はあるのだが、ややクールで、むしろ、これまで信じてきたものに裏切られ、これまで大切に築いてきたものを失い、生きる方途を失った末に、死を選ぶしかない、「弱い善人」の悲劇性を強く感じさせるものになっていたように思えた。

死の理由が、失われた未来への絶望と、無力な己への失意であり、むしろお初との情愛よりもその方が勝っているかのような、クールな孤独感が漂う。
そして、お初は、そんな徳兵衛に潔い死を勧め、自らもそれに殉ずるという「無償の献身」としての殉死を選ぶ崇高な姿として観ることが出来た。
徳様がクールであればあるほど、逆にその徳様を追おうとするお初のいじらしいまでの自己犠牲(「天使性」)も増して、その姿は一層輝いて見える。
そして、全体の悲劇性もより高まるものとなるように・・・

男は家や義に准じ、女は恋に殉じる、そうした時代の悲劇と、個人の尊厳とのせめぎ合いの厳しさ、その中での愛と喜怒哀楽を痛感したこの日の舞台であった。
もちろん優しさに満ちた温かみのある徳さまも、クールに苦悩する徳さまも、どちらもそれぞれに生きた人間としてある。
優劣や比較ではなく、どちらも一理あって、おのおのの味わいがあるそれは確かなこととして、ある。

ここでは二者をとりあげているが、ノーヴィには三人の徳兵衛役者がいる。三人三様にそれぞれの演じ方もあり、それによって舞台も変わる。
お初も複数キャストだから様々な組み合わせで、同じ作品でも違う色合いが出る。こうした見方ができるのもノーヴィの楽しみの一つである。

更に言えば、もちろんこれも邪道であるが、同じ出演者が演じる他のノーヴィ作品、たとえば、「かもめ」のコースチャ、トレープレフは、ニーナを失い、失意のうちに、死ぬ。「ワーニャおじさん」は、失意で銃や薬まで手にしながらも、ソーニャの言葉に慰められて生きる。

 Ifは、ありえないことだが、もしも、コースチャの傍に、ソーニャが居たなら、別の人生を彼は生き続けていられたであろうか、もし、ワーニャの傍に、お初が居たなら、幸福感に満たされてながら死んだろうか?故郷に残していく父母を思い悲嘆にくれながらも、愛する人とともに死ねる喜びにときめくお初
の一瞬の歓喜と、永い永い忍耐の時を生き続ける決意をしたソーニャと、いづれが「ほんとうの幸い」なのだろうか。
妹に先立たれたケンジ、無二の親友を見送ったジョバンニ、オフィーリアを欺き、失ってしまったハムレット。
誰もが生と死の境をさまよいながら、それぞれの連れ合いとともに、それぞれの幸いを求めて模索している。そして、全身をこめて恋する者たちの姿は、いづれも潔く、気高く美しい。
生と死、愛と孤独は、いつの時代、どんな境遇でも、誰にも共通して襲いかかる人生最大の課題である。

時代と作品世界を越えて直接に迫ってくる作品の選択と、その表現、それぞれの生きざま、そしてそれを目前に展開してくれるノーヴィのリアルな舞台に、つくりものであることを忘れて現実を観る瞬間、舞台の、演劇の魔につかれたことの幸いを、そして身近に繰り返しそれを体感できる喜びを感じる、「ノーヴィ・シーズン」である。くしくもこの時期は、物理的な「収穫の秋・貯蓄の冬」の半年とは、逆の時期。
農閑期の秋から冬の間に稽古され準備されたものたちが、雪解けとともに溢れて流れ出す、芸術の実りの時、開花シーズンでもあるようだ。
舞台だけでなく、トークやシンポジウムなど広範な文化芸術の活動が続く、これもまた、広域組織団体・ノーヴィならではの楽しみである。

この日のトークは近松研究者の神津武男氏。実地に浄瑠璃本を採掘して全国各地を行脚する苦心苦労と歓喜と、そしてお人柄が伝わる、古典研究者らしい、他では滅多に聞けない本音のトークが大変面白く勉強になった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。